沖縄 セブ島 チアリーディング Facebook

笑ゲキ家族の地球アドリブ珍道中

チアリーディングの厳しい上下関係と本物の信頼を構築する難しさ

読了までの目安時間:約 7分

 


 

 

 

おはようございます。

中西めばえです。

 

 

 

 

前回の記事

『チアリーダーの心得とは?』

の続きを書きたいと思います。

 

 

 

**********************

 

 

 

入部が決まってから

先輩たちの態度が激変!

Sponsored Links

 

 

 

 

 

今まで優しく指導してくださってた先輩も

ビックリするくらい厳しいではありませんか!笑

 

 

仮入部期間中は

たくさん入部してもらえるように優しく接してもらえてたけど

いざ!入部!と決まった瞬間

先輩たちは私たちを“後輩”として見るので

それなりに厳しかったです。

 

 

 

当たり前ですが

先輩には敬語。

 

挨拶はどんなに遠くにいても、

目が合わなくても、

どんな状況でも大きな声で

 

「おはようございます!」

「こんにちは!」

「お疲れさまでした!」

 

しっかり言うこと!

 

(こちらが気づかなかった場合には

“無視した”と思われるのが怖くて、

学校生活では出来る限り教室から出ないようにしていた!笑)

 

 

 
スポンサーリンク

 

 

休日は練習開始時間の1時間半前に来て

練習場にマットをひいたり

テーピング・音響などを用意。

 

 

(ちなみに2年生は1時間前。3年生は30分前集合)

 

 

スタンツを一緒に組むときは

「お願いします!」

アドバイスをもらったあとは必ず笑顔で

「ありがとうございました!」

 

 

 

これらは、どの部活でもよくある光景だと思いますが

その他にも暗黙のルールがたくさんありました。

 

 

 

先輩に荷物を持たせてはいけない!

先輩よりも早く動かないといけない!

 

 

 

どういう事かと言うと

常に1年生は次に何をしなければならないのか?

を自分たちで考えて、気付いて、先輩たちよりも

先に先に行動しなければならないということです。

 

 

 

161133718

 

 

 

雑用はもちろんのこと。

練習を見に来たお客さんがいたら

すぐにスリッパ・椅子・お茶を用意する。

 

ポンポンを使うのであれば1番にポンポンを取りに行って先輩に配る。

イベントや遠征へ行くときは1年生が手具を持って移動する。

 

これらの事を誰かに言われる前に行動しなければいけないのです。

 

 

 

常に先を読んで…先を読んでの行動…。

 

慣れるまでは本当に大変で、

何度も先輩たちに呼び出されて

みんなで怒られてきました。

 

 

でも、これが社会人になったときは本当に役立ちました!

 

 

 

 

 

 

チア部って上下関係厳しいんだ…。

 

 

とちょっと怖い印象がついちゃったかもしれませんが、

あくまでも良いチームを作っていくことの基本です。

 

 

先輩は厳しくて怖かったですが

愛情のある指導をして下さってたので本当に大好きでした!

 

 

一緒に演技をするときは

あれは1年生。あの子は2年生。あの子は3年生。

と、お客さんから見たらわからないものなので

演技の最中だけは上下関係はあっても無いようなものでした。

 

なので、演技中のかけ声も先輩に向かってタメ語でした!笑

(演技中だけは!笑)

 

 

 

また、

これはチア部独特なのかもしれないのですが

先輩の名前を呼ぶときは

名字ではなく名前で呼びます!

私の場合だと「めばえ先輩!」と呼ばれていました。

 

名字で呼び合うよりかは親近感湧きますよねぇ〜!

 

 

 

 

と、入部して先輩たちの態度が激変してビックリしましたが

今思えば、愛のある指導だったんだんぁ〜と感じています。

 

ま。これに慣れるのに本当時間がかかりましたが…。

 

 

 

ただ、

先輩との上下関係をはっきりさせるよりも

同期との信頼関係を築く事の方が、かなり時間がかかりました。

 

 
スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

チアリーディング   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. Fennek より:

    はじめまして^^
    何気なく、「チアリーダー 怖い」で検索したら、こちらのページにたどり着きました。
    昔からチアリーダに憧れていましたが、女性だけの世界は恐ろしいな、、と感じるときがあります。
    高校生の場合は、大学生よりも厳しそうですね。
    ブログ主さんにとって、辛さと楽しさは、どれくらいの割合ですか?

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント