沖縄 セブ島 チアリーディング Facebook

笑ゲキ家族の地球アドリブ珍道中

今の私を形作っている、チアリーディングの3つの経験。

読了までの目安時間:約 6分

 


 

 

 

 

おはようございます。

中西めばです。

 

 

前回の記事

『チアリーディング大会で知った、チアリーディングと他団体競技の違い』

の続きを書きたいと思います。

 

 

**********************

 

 

 

関西大会も終わりほっと一息。

 

私も疲労骨折のケガから復帰して

少しずつですがリハビリを繰り返して練習に戻りました。

 

 

技術面ではやはり遅れは多少感じたものの

治療中に先輩たちの動きを観察・研究して

イメージトレーニングを続けていたので

すぐにカンを取り戻す事ができました。

 

 

とにかく、無我夢中!

もっと上手くなりたい!という想いで必死に練習しました。

 

 

 

 

 

ある日の練習帰り

再び1年生のミーティングが開かれました。

 

 

どうせまた、

誰かが誰かの悪口を言ってただの…

みんなの行動が遅い!と、注意し合うミーティングかな?

 

と思ってたのですが、そうではありませんでした。

 

 

1年生の同期はこの当時で35人いたのですが

そのうちの数人が「辞めたい」と言い出したのです。

 

 

理由は

 

「練習がしんどい」

「自由な時間がない」

「お金がかかる」

 

 

正直、どれも本当の事なので否定はできないし

本人の意思だから止める事もできません。

 

 

 

【練習がしんどい】

 

平日は学校の授業が終わってから(4時頃から)

遅いときは夜の9時まで練習。

休日は朝の9時から8時まで。

(その日のスケジュールにもよりますが…)

 

 

練習が無い日は1週間に1回あるか…ないか…

OFFの日は大概平日なので

1日中出かけて遊びに行く!ということもほとんどありませんでした。

 

 

【自由な時間がない】

 

普通の高校生はオシャレして、

バイトして、好きな事して遊んで楽しむ!

というイメージがありましたが

私たちチアリーダー部にはそんな自由な時間はありません!笑

 

この高校生活すべてを“チアリーディング”に捧げる!という覚悟で入部しましたから

当然、その意思が固くない人は辞めてしまいます。

 

 

 

【お金がかかる】

 

私立の学校だったため

学費も公立学校と比べたら高いですし

正直、チアリーディング部の部費も高かったです!

 

※卒業してから母親から聞きましたが

1年生の頃の部費は年間24万円だったそうです!

(ユニフォーム代・シューズ・遠征費などなど)

 

また、お祭りやイベントなどで演技をするために

様々な場所へ移動すること多かったのですが

イベント会場へ向かう時の交通費はすべて自腹。

 

とにかく、本当にお金がかかりました!

 

 

 

 

と、理由はその他にもたくさんありましたが

この3ヶ月の間に

厳しい練習にも耐えて、辛い経験もたくさんして、

それに耐えれない子はこの時点で辞めてしまいます。

 

(入部時35人だった同期は、卒業時には19人でした)

 

もちろん、チアは好きだけれど家庭の事情で続けられない子もいました。

 

 

一見、チアリーディングは華やかで楽しそうなスポーツに見られがちですが

実際はとてもハードでシビアなスポーツです。

 

 

もちろん、しんどい事ばかりではなく、

楽しい事、嬉しい事

チアリーディングを通じて様々な事を経験することができました!

 

 

Pic g044 2

 

 

 【練習がしんどい(根性)】

今後の人生でしんどくって辛いことなんて山ほどある!

若いときには苦労しろ!そして気合いで乗り超えれるんだ!

 

 

【自由な時間がない(忍耐)】

普段、自由な時間が無い分

オフの日を思いっきり楽しむことができる!

逆に毎日、毎日遊んでいてはつまらない。

 

 

【お金がかかる(感謝)】

こういった貴重な経験をするための先行投資。

ずっと応援し続けてくれた両親に心から感謝しています。

 

 

 

このような経験が、今の私を形作っているのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

チアリーディング   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント